深夜の暇つぶし

まだ寝たくない夜ってあるよね

見つけてくれたあなたへ

こんにちは、こんばんは。初めまして、りあです。

前々からはてなブログを漁るのが大好きでいつか自分も描きたいな〜と思っていたらあっという間に時が経ってしまいました。自分の中では満を辞してのブログ開設ですが、初心者のなでお手柔らかにお願いします。

 

簡単なプロフィール

・舞台俳優オタク

・関東在住学生

 

好きなジャンル

2.5次元舞台を見ることが多いです。

 

応援スタンス

推しを追いかけて舞台に行くスタイルです、ガッツできるほどの財力はないのでゆるく追いかけてます。私がオタクをする上で一番大事にしているのは精神衛生が一番良い状態で活動することです。お金と時間に都合がつけば地方公演にも出向いています。

 

ブログの内容

備忘録的なことも兼ねて、観劇の感想をメインに書きたいなと思っています。他には、オタクをする上で感じたことやオタク&パンピーライフのバランスの取り方とか自分語り的なものもします。あとは、絶賛就活中なのでオタクの就活について書きたいなと思っております!

 

人によってオタクスタイルが千差万別である点が面白いなと思っているので、そのうちの一つとして私のオタク語りを見てもらえればありがたいです。

 

皆さんの深夜の暇つぶし程度になればいいなと思います。

 

 

 

就活が長引くということ

こんにちは、こんばんはりあです。

 

6/1になり就活の選考が解禁、というニュースをテレビでもツイッターでも今日は多く見ました。そんな中こんな記事が。

 

www.asahi.com

 

5割が内定すでにもらってる

 

この記事を読んだ私の印象はですね、まだ半分くらいなのか、といった感じです。

周囲の就活状況を聞くと体感7〜8割はすでに内定もらってぼちぼち終わらせてもいいかな、といった状況なので逆に驚きました。

 

とかまぁ前置きはこのくらいで私の就活状況をお伝えするとですね、ええ。

無い内定

 

つまり内定は一社からももらってないです!あは!

もっと早く終わらすつもりだったんですけどね、なんでこんなことに…。

と、厳しい現実ですが、いつまでも悲観的になってる場合でもありません。

 

読んでくれている人の中にはもう就活のこと考えてたり、ES書いてる21卒の方もいるかもしれないので一足先に辛酸を舐めた先輩からアドバイスをしておきたいです。

 

 

今回伝えたいのは就活ってなにそれ!なにからやればいいの!って方向けです。業界問わず、全般に言えることなので見ている業界とかあんま関係ない無いです。

 

はい、じゃあその1から

①どこの会社のESでも聞かれるような共通項目のテンプレを早めに作ろう!

自己PR(300文字以内)、学生時代に力を入れたこと(500文字以内)長所、短所(200文字以内)、学生時代の専攻について(300文字以内)人生で大切にしていること、モットー(200文字以内)

 

自分以外の人に添削とかしてもらいたいし、そこからブラッシュアップをすることも考えるといざES解禁されてそこから考えてたらめちゃめちゃ時間かかります。

ここは完成させてコピペって、志望動機とか考える方に時間費やした方がES通過率が高くなると思います。

私は解禁された後に全部考えて、見てもらってをやってたのでまさに凸管工事でした。

ES通過しないと面接してもらえないので基礎固めを早めにしておくのは超重要です…。

 

大人に相談しよう!

個人として責任ある環境で働く先を決めるなんて、アルバイト先を決めるのと比にならないくらい重い話です。

まずは自分で将来のことを考えるのも大事だけど、私はそれ以上に人との会話の中で自分を見つけていく方がより強いモチベの根拠になるのでいいかなと思います。

 

じゃあどこで大人と話すねん、となりますがまずは親がいますね。

あとは説明会に来てる社員、就活を終えた先輩、学校のキャリアセンターの人、就活支援会社のメンター、就活マッチングアプリで出会ったメンター

とかとか。私の中で自分の考えがすごくまとまったきっかけはマッチングアプリで出会ったメンターと話したときですね。笑

これについてはまたレポ書こうかなと思います。

 

同世代と話すのは良いガス抜きにはなるけど大体大変だよね〜で必ず話が終わるので真剣に相談するなら働いてる大人に聞くのが一番です。

 

たくさんの企業をみる!

就活はマッチングというのは間違いでは無いと思います。自分が働きたい環境を見つけるのはたくさん見て検討して納得する必要があります。

推しを決めるのも一目惚れもあるかもしれないけど、大体いろんな人を一通り見て、「うん。この子を推したい。」って思うでしょ?(私はそう)推し企業を見つけるのはやはり自分の目で見て情報を集めて選ぶしか無いかなと思います。

 

現場(説明会)に足を運んだものしかわからない感情や発見があるものです。

 

私は先述したように自己分析を始めるのが遅くてESの内容を考えるところで詰んでたから企業自体に思考を移すのがだいぶ遅れました。そしたら志望動機が全然書けなくてチャンスを多く逃しましたね。ありゃりゃ。

 

つまり、まとめると早めに準備をするのが一番。

みんながやってないときに事を進めるのか、みんなが終えてる時に自分だけ事を進めるのか、どっちが精神的に余裕でしょうか???圧倒的前者ですよね。

 

あとは就活期間っていつものようにアルバイトをゴリゴリできないから資金が尽きてくるんだよね。でもオタクするのって年中お金が必要じゃん。

収入ないのに現場の予定だけでて泣く泣く参加の機会を逃していくのってオタクにとってあまりに辛すぎる。

今私が一番辛いことは収入がそんなにないからチケットの応募を控えなきゃならんってこと!!!!!!!!現場の予定が作れない!!!!!は!!!!つら!!!!

 

早く稼いでチケット買いたい!!!!

 

の一言に尽きます。

また就活が完全に終わったら何社受けたとか、どんな業界見てたとかまとめますね。

それではまた!

 

 

天才に乾杯、MANKAI STAGE ~SPRING 2019~

※ネタバレを含みます

 

こんにちは、こんばんは。今回はエーステ春単独公演について語ります!!

昨年より始動したエーステがこんなにも充実した舞台になったことにとても大きな喜びを感じています。(誰目線?)

 

まずはじめに私がエーステにどっぷりいった経緯から話させてください。

 

そもそもアプリがめちゃくちゃ大人気なこともあり、ユーザーの多くも舞台化するにあたっての反応は期待半分不安も半分といったところだったんじゃないでしょうか。

私自身、舞台化にあたっては「やっぱり来たか」と思いました。

まぁ、しかし私は一時期アプリもやりこんでたものの舞台化決定の時点ではアンストしてて春夏期間は刀たちをおっかけてたり、アイドルをおっかけてたりしたんですよ。

だから春夏に関しては評判が良いという情報しか入れてませんでした。

 

そして来たる、秋冬公演の情報解禁ですよ。

ある時期を境に推しの仕事の情報解禁がされていなかったので予想はできてました。

そう、秋冬出演のお知らせ。

 

その瞬間、私はリベルさんになんとかアカウントデータを復旧させてくれないかと問い合わせをして、尽力いただき無事アカウント引き継ぎをしてメインストーリーの復習をしました。

(きちんと引き継ぎコードは発行しましょう。)

 

そして臨んだ秋冬公演、もう想像以上に役者のお芝居も演出も良くてボロッボロに泣いてどっぷりいった次第です。ありゃチケット取れねぇや、、、。

 

私はやっぱり舞台ならではの、キャラクターが熱を持ってセリフを客席に伝えてくれる感覚が大好きだなと再確認しました。

 

 

 

そして、ようやく春単独の話に入ります。

 

A3!の公演の中でぜんまいのお話が一番大好きだったので今回はど~~~~~~しても観たくて必死にチケ取りしたんですよね。

 

チケ取りに関しては以前書いた方法でもぎ取りました。 

toutelanuit.hatenablog.com

 

令和の初観劇がエーステだったのですが、大変良いスタートになりました!

まず冒頭春組のわちゃわちゃ感がたまらないです!秋冬とは全然違う空気感で驚きました。各組が他の組には出せないそれぞれの雰囲気を持ち合わせていて、その空気感を肌で感じられることに感動しました。

 

歳も、国籍も、育ちもぜーんぜん違う5人が集まり個々が好き放題やってるけど、互いに想い合って動いている。そしてみんなカントク大好きな感じがたまらんです。

真澄がアリス劇中で、「俺らは合わせようとしない方が合う」って言ってたのですがその通り!!!一億イイねしたい!!!って気持ちになりました。

 

ただ、演目を完成させる過程においては

One for All,All for One っていう感じが一番強い組だなと感じました。

 

特に、1幕の咲也が真澄と至さんの仲を修復しようとするシーンでは自分が仲介役になって間を取り持つのではなく個々に真っ直ぐな気持ちをぶつけてあくまでも自分から動かせていた所はきっと無意識なんだろうけど、咲也にしか出来ない所業だなと思って感動してました。

 

2幕ではシトロンがもういい仕事してましたね、、、、、感動と笑い、両方の意味で涙を禁じ得ない、、、、

綴の性格をみんなよくわかった上で何か綴を支えるために自分たちで出来ることはないかと模索してる姿が心に響いた…!

 

劇中劇は両方とも

「春組のみんなとだから板の上に立つのが楽しい」といった部分がよく見えてきました。

これは各組共通だけど、この言い表せない感情がきっと彼らの思う「各組らしさ」に繋がっていくんだね。

 

そう、それで劇中劇なんですけど、原作のお話とちょっと変わってたね。

アリスはアプリだと、「黄金の余暇」という答えを見つけるための冒険だったけど、実はアリスは友達が欲しかったという深層心理が反映されている夢であるという結末になってて、「黄金の余暇」の使い道まで示される気がして納得いきました。

「君の学友には見えていて、君には見えていない。さてそれは一体なんだと思う?」に対して

「黄金の余暇さ」だけだと、アリスにとっての黄金の余暇は一人で本を読むことなんじゃないの?それはそれでいいんじゃないの?とイベスト読んだ時思ってたので「本当はみんなと遊びたいんだろ?友達と打ち解けてみんなと一緒に黄金の余暇を楽しんだらどうなんだい?」というストーリーで解釈した方がなるほどねとなったかな。

まぁ、これが真澄の深層心理であるかと言ったら定かじゃないけど。春組のこと絶対嫌いじゃないし、好きだと思うけど心からみんなと繋がりたい!というスタンスではないもんな。

 

あと、一つ!アリスと帽子屋のやりとりがもっとメインにされてたらよかったなと思った!その件で一悶着あった割にはシーンの割合的にはアッサリしてて、王様と友達になろう!のシーンがメインになってた気がしたから😭

もちろん盛り上げところを作るのにきっと試行錯誤はしてくれたと思うんだけどね…。

 

ぜんまいは戦いの中でねじまきがむき出しになって取って終わり、になるよりもお話を引っ張って引っ張って静かな2人の別れを演出したのは舞台的に大成功だと思ったよ!!!だって周りのすすり泣きが止まってなかったもの。(もちろん私も大号泣)

アルフが非礼を詫びたシーンとかも、見所が増えてよかった。

あと、ストーリーテラー至さん歌がうますぎる適役すぎる。 (キャスティングが神)

ぜんまいに関しては語れと言われたら一生語ってられるから文章がひっちゃかめっちゃかになる前にここらでやめておく。

 

 

あと個人的に大好きなシーンはMANMANグランプリで後ろのキャストたちが漫才に耐えきれなくて普通に笑ってるところとか、格ゲーでまさかの刀さばきが見れたりするところ!

ステの稽古出れないから身体なまらないようにしてるんだね!(違う)

 

 

約2時間半、心から笑って泣いて感動して胸打たれる舞台でした。暖かい気持ちをありがとう。

 

みんな!次は熱い夏にしような!!!

チケ戦頑張ろう!!

慢心は輝きを鈍らせる

 

こんばんは。

突然ですが、タイトルになっている「慢心は輝きを鈍らせる」ってすごく的を射た言葉だなって思うんです。

これは先月までやっていたエーステ秋冬公演(A3!の舞台)のなかで GOD座主宰のレニさんが言ってたセリフなんですけど最近これが頭から離れないです。

 

理由は私の現状にあります。

現在、絶賛就活中なのですが、今までエントリーしていたところからことごとくお祈りされている状態で一度方向性を考え直さないとな、と思っているところです。

 

仕事をする上で何をしていきたいのか、ここが曖昧でよく見えてないからお祈りされてるんじゃないかな、と自分なりに反省をしました。ここに至るまでだいぶ時間がかかりましたね、というか就活自体始めるのが遅すぎた。

 

今まで土壇場で追い込まれてもどうにかなってきてしまった人なので自分のなかでどこか「イケるでしょ。」と過信してたところがありました。

まさに「慢心は輝きを鈍らせる」ですよ。余裕かまして中身を詰めてない人間がどうして魅力的に思えましょうか。考えに考えぬいてる姿勢や思いって例え多少たどたどしくなってしまっても分かるもんです。

エーステがあまりにも好きすぎてWOWWOWの録画を大楽直後から何回も見直していた過程でレニさんのセリフから真意を感じ取りました。公演中は特に何も感じなかったのに、自分の置かれてる立場が違うとまたセリフの捉え方も変わるのが面白いですよね。

まあ、MANKAI カンパニーのオタクなのでセリフは響いても GOD座のやり口は好きになれないですけどね。

 

話を就活に戻しますね。

目的を定かにすることってとても重要であると心から感じました。目的があれば行動するときのモチベーションになるし、人にそれを伝えることができれば共感して応援してくれる人が出てくるかもしれない。魅力的な人間に仕上がっていくのです。

ただ、やりたいこと、目的って簡単に見つかるもんじゃないし、相当考えないとわからないものなので先輩方は早めに自己分析はやっておけよ!と言ってくださってたんだと今になって理解しました。

 

言われてたのにも関わらず、めんどくさ〜いと放置してた私が今痛い目を見てるのでこれを見てくれた21卒とか22卒はぜひ周囲の大人に働くってどういうことなのかを聞いて自分が働くイメージを膨らませていってください。そうすると面白そうなこと、逆に絶対やりたくないことなどが見えてくると思います。

 

面倒くさいことがとにかく嫌いなのでとにかく就活を早く終えたいという思考になりつつありますが、内定をもらうのがゴールになりたくないので人生の節目と捉えて悩んでみようと思います。

 

今回は重々しい内容になってしまいました。6月の現場の予定入れてそこまでには絶対終わらせようと意気込んでたのですが、そもそもチケが取れなくて萎えてるのもあるのでダブルパンチくらってます。(刀のやつまじで取れないなんなの)

 

度々ここで自分の思いをアウトプットしつつなんとか頑張っていきます。

 

それではまた。

 

モンスター級舞台のチケ戦に立ち向かう

舞台オタクにとって最も大事なものは「チケット」だと思います。「チケット」=「権利」なのでこれがないと劇場に入ることが出来ないんですよね。

 

じゃあチケット取ればいい話じゃん、となるのですがそうは問屋が卸さない場合が多々あります。

.5舞台って、中にはモンスター級のファン規模の作品があってそういう舞台だとチケットが面白いほどに取れない。

 

舞台にハマって私もまだ年数が短いのでチケ取りに関して試行錯誤中です。いくつか当たりやすくなる仮説を立てて実証中なのですが未だに効果があるのかよくわかりません。

 

参考までに、今回はモンスター級の舞台のチケ戦を勝ち抜くための仮説と手応えを書いていきたいと思います。

 

①複数名義

これはもう当たり前というか、大体の人がやってると思います。ただ、モンスター級の舞台ですと2〜3名義じゃお話にならない場合が多かったです。

10名義ほど集めてようやく1〜2公演確保出来るくらいでした。

 

②なるべくクレカ支払い

これも正直効果がよくわかりません…クレカにしてもしょっちゅう全落します。

私の過去の実績からするとコンビニ支払いで当たった回数の方が多いかなぁ。

 

③1名義で全公演かける

あんまり意味ない気がします。

回数制限がない場合、複数同一名義で全公演分かけてたのですが全部落ちたので名義と住所が同じだと弾かれてるのかなと思いました。(あくまでもそんな気がするだけ)

 

④1名義につき1公演のみかける、もしくは10公演以内申し込む

取りにくい舞台は少ない数かけて1公演当たるってパターンが多い気がしてるので最近はずっとこの感じで申し込んでます。

勝率は微々たるものですが😂

 

⑤平日マチネ狙い

学生という身分を生かして平日マチネ狙いで一時期ずっとかけてたのですが、モンスター級はいつでも倍率が高いのでまるで効果はありませんでした。社会人の方々は普段一生懸命働いて有給もぎ取ってくるのでしょう…。

 

⑥別の通信端末から申し込む

同一IPが弾かれるという噂を耳にしたことがあるので、wi-fiつないだPC、4Gのスマホ、学校のパソコンといった具合に分けて申し込んでた時期がありました。

まぁ、ぶっちゃけ効果ないです。

同じPCから申し込みしても当たるときは当たるし落ちるときは落ちます。

 

⑦有料先行もしくは円盤先行

これは一番強いです!!!金を積んだものが得る!大変わかりやすい構図ですね。

円盤先行がある場合はまずそれで確保するべきです。だいたい初っ端にチケット取れてると後の先行時に心が平穏になります。

 

 

以上!7つの仮説と手ごたえでした。

まとめると、まずは円盤or有料先行で取る。

それ以降は複数大量名義で、5公演づつくらい申し込んでもらうのが効果的だと思います。本人確認とかある場合は気をつけて下さいね!

 

つらつらとチケ戦について書き綴ってきた訳ですが、その理由には現在私が全くチケ戦に勝てていないので恨みを込めてというのがあります。

物欲センサーってほんとすごいと思う。マジで取る!!!って思ってる時ほど見事に取れないんだもん。心が荒むよーーー😭

 

負けない心、強い心を手に入れたいです。

 

それではまた。